嫁の料理がまずいという問題を抱える男性は意外と多いんです。

 

仕事を終えるとお腹がペコペコとなっているのに、家に帰ったら肉は硬く、野菜炒めは冷え切っているなど、本当に酷いんですよね。

 

どれを食べても美味しいと思える料理が1つもなく、それでも嫁は「美味しい?」と聞いてくるんですから堪りませんよね?

 

 

優しく味をどうすればいいかをアドバイスしてみよう

 

スポンサーリンク



そんなまずい料理を食べたら、「俺ってもうちょっと味が甘めの方が好きなんだよなあ」などと言ってみましょう。

 

そう言われれば、「ああ、甘みがなかったんだ。砂糖をもう少し入れてみよう」と気が付きますよね。

 

 

肉が硬かったら、「俺ってもう少し軟らかめな方が好きだな」と言ってみれば、「ああ、もう少し早めに火を止めるのを早くすればいいんだな」と気が付くでしょう。

 

 

「まずい!」とは絶対に言わないことが大切です。

 

そういったことを言われると、「せっかく愛情込めて作ったのに酷い」とお嫁さんを傷つけてしまうことになるんです。

 

傷つけないように言うためには優しく、どんな風にすればいいなということを伝えてあげるんです。

 

 

実際に美味しいお店で買ってきたステーキを食べさせてあげれば、嫁も

 

「あっ、このお肉は美味しいな。この位の焼き加減がいいんだ」

 

「味付けはこの程度でニンニクなどを摩り下ろして入れればいいんだ」

 

と気が付くかもしれません。

 

 

ご飯の炊き方が酷い時には「もう少し水を入れてみなよ」と言うといいですね。

 

そういった料理の作り方や材料の分量が書かれているレシピが載っているサイトをタブレットやスマホで見せて、調理方法を見ながら作れるようにアドバイスをしてげましょう。

 

 

料理番組を録画しておき、それを嫁に見せるのもいい方法です。

 

一緒に「見ようよ」と楽しく誘うことで、「見て学ぼう」という思いますね。

 

一緒に見ながら「今度はこの料理が食べたいなあ」と言ってみましょう。そうすれば、「じゃあ頑張って作り方を学び、作ってあげよう」と思いますね。

 

 

ちょっと味が違ったら

 

「もうちょっと塩コショウをしたらいいんじゃないかな」

 

「小さじ1杯程度の醤油を入れてみるといいと思うよ」

 

と言ってあげれば、分量が分かるだけに、もっと次からどのように調理をすればいいかが分かりますよね。

 

料理教室に行って一緒に学び嫁の腕を磨く

 

嫁の料理がまずい時には一緒に作ってあげましょう。

 

旦那が一緒に「作ろうよ」と言ってくれれば、「うわあ、楽しい」と思いますよね。

 

その前にサイトや料理本などでその調理の仕方を学んでおきましょう。

 

そして、「次はこれを切って炒めておけば硬くなりにくいよ」とか「醤油を1番後から入れれば味が炒めているうちに濃くなりにくくなるよ」とアドバイスしてあげればいいんです。

先にアドバイスしてくれることで、より効率よく、まるで先生に習っているように学べますよね。

 

一緒に楽しく作ってくれる人がいることで、より嫁も「調理って楽しいんだな」と気が付きますね。

 

やっぱり楽しいと思わせることが大切で、楽しければ色々と自分なりに工夫をして学ぼうとするんです。

 

 

また、「褒める」ということも大切です。

 

褒められると、人は頑張りますね。頑張れば、より色々と工夫をして、「もっと旦那さんに美味しく食べさせてあげよう」と思うようになるんです。

 

また、その旦那さんが喜んでくれれば、もっとお嫁さんも変わりますよ。

 

 

料理教室に一緒に行くという方方法もまずいという問題を改善できる方法ですね。

 

教室に1人で行くのはちょっと寂しいと思う人も多いので、一緒に行ってあげることで心強く、また楽しく通えますよね。

 

 

1人ではなかなか覚えられないことも、2人ならより覚えられるでしょう。嫁が覚えられなかった部分は旦那さんがフォローするんです。

 

一緒に調理する時に「あれっ?なんだっけ?」と悩んだ時には「これだよ」と教えてあげるのもポイントです。

 

 

何度も調理することもまずいを脱却するところです。

 

やっぱり実践を何度もすることで、その素材の旨みを引き立たせるように調理ができるようになるんです。誰もが最初から上手く作れる人なんてほとんどいません。

 

 

人気のシェフだって何度も調理しているからこそ、その素材を活かせる調理方法を発見して習得しているわけなんです。

 

それを考えれば、何度もトライしましょう。

 

 

一緒にスーパーに行き、楽しく食材を買うことも大切ですね。

 

まずはそのお嫁さんが好きな料理を作ってみましょう。好きなものならば楽しく調理できますよね。

 

それを食べて意見を交換し合うことで、よりどこが悪かったと気が付くようにしましょう。

スポンサーリンク