愛情があるからきつく言ってくれると考えよう

 

言い方がきついとズキッと心が傷つきますね。

 

特に、女性から男性に言う言葉はトゲがあることもあり、言われた方はかなり落ち込みます。

 

長年、一緒に寝食を共にする夫婦の場わい、喧嘩をする時には妻が夫にグサグサッと厳しい言葉を言う時があります。

 

 

その言葉は「なんであんたはドン臭いのよ」と言ってきたり、「頭わるいんじゃない?馬鹿」などと言うと、かなり夫側としては自分を否定されているようで辛いですね。

 

 

そういった言葉を言う妻には、「悪いけどそういった言葉を言わないでくるかな」と冷静に言ってみましょう。

 

相手は興奮していますから、それを刺激しないように言うのがポイントですね。「あれっ?なんだか嫌がってるのかな。言うのを辞めよう」と言ってしまった妻は思うでしょう。

 

 

「煩い。そういった言葉を人に言うのは失礼だろっ」と一喝するのも良い方法ですね。

 

妻の方は愛情表現としてそういった言葉を言ってしまっていることもあり、ちょっとからかって言ってしまっていることもあるんです。

 

でも、やっぱりそういった言葉を言われたくない時には、はっきりと拒否する言葉を告げることで、相手も「あっ、これ以上は言ってはいけないんだ」と気が付くでしょう。

 

 

妻としては変えて欲しいという願いも込めているものですから、ついついキツい言い方をしてしまうんですね。

 

そんな時には、あえて「どこら辺がドン臭いか言ってくれるかな。直すから」と言ってみるのも良い方法ですね。

 

逆に聞かれると、「えっ」と驚きますね。それが興奮した妻の気持ちを静め、「こんな言葉はいっちゃいけないな」と気づくでしょう。

 

 

言い方がきつい妻は、愛するあまりに夫が素敵な人になって欲しい、そして、私を喜ばせて欲しいという気持ちも入っているから言い方が酷くなってしまうんです。

 

言われた時にはクルッと妻をまじめな顔で見つめ、ギュッと抱きしめてあげるのもいいですね。そして、「ごめん、今度から直すよ」と言えば、「あっ、言い過ぎたかな」と思っては「ごめんなさい」と謝ってくれるかもしれませんね。

 

 

言い方がきつくても、「こんなにも俺のことを心配してくれて、考えてくれているんだな」と思うことも大切です。

 

女性が何も言わずに無視する時には、もう愛情もかなり冷めている時なんです。そこを考えれば、まだまだ愛情があるんだと思えば、気も楽になりますね。

 

静かに深呼吸をしてはきちんと自分の気持ちを伝えよう

 
スポンサーリンク



夫の言い方がきつい場合には、妻としては「何よ!1人じゃ何にもできないクセに」とイライラとしてしまいますよね?

 

そのきつい言い方をされると、ついついガミガミと言いたくなってしまうわけです。

 

ガミガミ言われれば「何なんだっ、その言い方は!」と喧嘩になってしまうわけなのです。

 

 

妻の言い方がきつい時には静かに深呼吸しましょう。

 

そして、「お願い。そんな酷いことを言わないで欲しいの。悲しくなっちゃうから」と少し悲しそうな顔をして言ってみるのです。

 

興奮している夫は「あっ、言いすぎちゃった」と反省するでしょう。

 

 

それでも酷く言ってくる時には「私のことがキラいなの?私はこんなにも愛してるのに」と悲しい顔で訴えれば、夫は「ごめん」と謝ってくれるでしょう。

 

 

酷く言う時にはもう涙を流して「そんなこと言ったら悲しくて辛くなるじゃない」と言っては胸に飛び込み、ギュッと抱きついてしまいましょう。

 

背中に抱きついてもいいですね。女性のそういったか弱い姿を見ると、男としては「女性に対して酷いことを言ってしまった」と反省するものですね。

 

 

こちらも言葉で対抗すれば、やっぱり喧嘩になってしまいますから、自分の興奮を静めるためにも唇にキスをして、お互いにそれ以上に言い合いをしないようにすればいいのです。

 

 

キスは男性の心を掴みますね。

 

そして興奮を静め、冷静さを保つのに言い方法なんですよ。静かになったら夫の目を見つめながら「もう言わないでね。悲しくなっちゃうから」と言ってみましょう。夫の方も「こんなに悲しませていたんだな」と気づいてくれるでしょう。

 

 

言い方がきつい夫には、「昔のあなたはそんなにきつい言葉を言わなかったから好きだったの」と言ってみましょう。

 

「結婚してからあなたは変わってしまって悲しいわ」と言われたら、夫としては「俺ってそんなに変わってしまったのかな。愛する妻のために変えよう」と思いますね。

 

 

無視していても仲が悪くなってしまうので、きちんと自分の気持ちを伝えることが大切なんです。

 

 

スポンサーリンク