育児でイライラしたら、それを解消する方法を探すことで、ストレスになりませんね。

 

その解消法では、映画を観るのがいいでしょう。

 

自分が好きな映画をレンタルで何枚か借りて、それを少し大きめの音量で観るのです。

 

すると、とっても楽しく、面白く感じるものです。思いっきりその映画を観れば、スッキリ解消できますよ。

 

 

育児はやっぱり精神的に疲れます。

 

ゆったりとした曲を聴いてリラックスしてイライラを解消

 

でも、音楽を聴くことでその疲れも解消できるんです。音楽は自分が好きという曲を選ぶといいですね。

 

でも、ハードロックやラップなどはちょっと刺激が強いので、かえってイライラが増すことがありますから、控えた方がいいでしょう。

 

 

選びたい音楽は心が優しくなれるものです。

 

クラッシックが1番ですね。興奮するようなテンポの速い曲よりも、ピアノの優しいゆったりとした演奏の曲がいいですね。

 

他にはハープも心が癒されます。綺麗な音は心も落ち着き、癒されます。それをじっくりと子供が寝ている間に聴けばいいんです。

 

 

聴く時には外の景色が見える窓側にゆったりと座るか、寝そべって聴くのがポイントです。

 

日光を浴びますと、これもまた全身がほんわかと気持ちよくなります。健康的にもなり、ますます明るくなれるんですよ。

 

 

オルゴールの音色やイルカの鳴き声なども癒されます。

 

それを少し低めに流すわけです。

 

子供が寝ている間にイヤホンで聴けば、子供を起こさずに聴くことができます。

 

海の上に漂っているような気分になり、そのユラユラ感がとっても心地よくなりますね。アイマスクをすると、より心が落ち着きますよ。

 

 

育児のイライラ解消法なら、風鈴の音も素敵ですね。

 

あのりんりんという音色がとても心が楽しくなります。

 

夏ならその下でカキ氷を食べるのも楽しいものです。浴衣を着て、ウチワで扇ぎながら夕涼みなどをするのもいいですね。

 

 

青い空を見ながら鼻歌を歌ったり、夕日を見ながら詩を読むのも楽しいですよ。

 

俳句などを読んでみればますます楽しめますね。その空の下、子供を連れてその下を歩くのもいいですね。

 

 

子供と公園に行き、そこで縄跳びをしたり、追いかけっこをするのも明るくなります。

 

子供も体を動かすことでグッスリと寝るようになるから、自分の時間を持てるようになりますよ。

 

子供と一緒に絵を描いて楽しんでイライラを解消

 
スポンサーリンク



外の空気を吸うことでストレスを解消できるんです。

 

人の動きを見るのも元気がでますね。家の中ばかりいるとウツ状態のようになってしまいますから、思い切って外に出かけましょう。

 

 

犬がいれば散歩がてらに子供も連れて近くの公園に行ったら、お弁当を広げて食べるのも楽しいですね。

 

お弁当というものはとっても子供も大人も楽しい気分になれますね。距離も縮まり、子供も親の言うことを聞くようにもなりますよ。

 

 

緑に触れたり、花を見ることでも育児のイライラを解消できますね。

 

花のある公園に行き、歩くんです。歩くというのは体もリフレッシュできますね。体がリフレッシュすれば、心もスッキリとするんですよ。

 

 

花屋に行き、花をいけるのもスッキリとしますよ。

 

子供が寝ている間に花瓶に花をいけるんです。彩りを考えたり、形を考えるだけでも楽しいですね。

 

楽しいと言えば、押し花作りも楽しいですね。思い切って絵を描くのも育児のイライラを解消できる解消法です。

 

 

キャンパスに向かって日頃のイライラをぶつけんです。好きな絵を下絵もなしにサクサクっと描いてみましょう。

 

肩にハマらずに、サッサと描くんです。

 

それだけでも楽しいし、元気になれますね。子供と一緒に大きな紙の上で絵が描くのもいいですね。

 

一緒にワイワイと描くことでストレスとならず、笑顔になりますね。手の平に絵の具を塗り、それをその紙にパンパンと付けるんです。

 

 

育児をしっかりとやらなきゃと思うと、どうしても力んでしまい、ストレスとなりますね。

 

「気楽にやろう」と考えればいいんです。

 

解消法としては、「今日も育児ができて楽しいな」と思うようにすればいいんですよ。

 

子供だっていつまでも小さいわけではありませんね。いつかは幼稚園に行き、昼間は家にいなくなります。

 

 

その保育園に迎えに行くのだって、たった2,3年しかないわけです。

 

そう考えると、その時間を楽しもうと考えればいいんです。

 

子供の姿をデジカメやスマホで撮ると、「楽しいな」と思えるようになりますね。

 

その写真をアルバムに貼って、絵や文字などを記入したりすれば、もっとワクワクすることができるんです。

 

 

カメラのタイマーを使い、一緒に子供と写真を撮るのもいいですね。思い出をたくさん作って、今を楽しめばいいんです。

スポンサーリンク