家の中がいつもきれいになっている家庭。

 
そこにはご主人や奥さまの考え方や習慣、性格などが反映されていると思われます。

 
ふいに、当然のお客様が見えても、その人が心地よくなるような家庭はいつも部屋がきれいで整理整頓が行き届いているだけでなくキチンと定期的に掃除がされているはずです。

 
しかし、中には掃除が出来ない家庭も少なくありません。

 
そこには、いつも汚れや埃があって、荷物も整理されていない状況になっているのではないでしょうか?

 
家の中は、常に荷物がバラバラで整理されてなかったり、キッチンでは食事の終わった食器が片付けられていないという光景もよくあることです。

 
訪れる人もこのような家庭にお邪魔するとやはり、気分がいいものではありません。

 
不快な思いをして去ることになるでしょう。

 
そして、二度と訪れることがないのです。

 
皮肉なことですが、満足に掃除されていない家庭では、玄関が乱れています。

 
不必要な靴が散らばっていたり、脱いだ靴もキチンと並べられておらず、何故か落ち着いた雰囲気がしないものです。

 
最近では占いで風水が流行っていますが、散らかっている部屋では運気が遠のいてしまうとされています。

 
確かに統一感のない家具や整理されていない荷物があるだけで、気分がイライラとしてしまうのも、そのせいかもしれません。

 
同じ荷物でも整列されていれば、とても気持ち良いものですし、考え方や生活習慣も規則正しいリズムになっていくはずです。

 
このような乱れた習慣だと、精神的にも落ち着くはずがなく決して良い運気が訪れようはずがないのです。

 
例えば、衣服を思い浮かべてください。

 
洗濯された衣服がタンスの中に仕舞われます。

 
しかし、その状態が規則正しくたたまれて仕舞われているのが、無造作に突っ込まれているのかでも大きく印象が変わってくるのです。

 
ある家庭では、リビングにあるテーブルの上は常に書類や広告、手紙などが散乱していました。

 
これだけで気分が滅入ってしまうのですが、それをただ並べ直すだけで、とても部屋全体がきれいに整頓されているように見えるものです。

 
ちょっとした事なのですが、このように家族の一人が整理整頓をするだけでも、かなり雰囲気が変わっていくのです。

 
それは家族一人一人が意識することが大事ですし、常に掃除をしなれけばならないという習慣を続けることでしょう。

 
それには少しずつでも、取り組む努力と意識を変えていくことが必要になっていくと思われるのです。

 

掃除が出来ない人から出来る人への習慣作り

 
スポンサーリンク



それでは、どのようにすれば掃除が出来ないという悩みから、脱出することが出来るのでしょうか?

 
それは家族一人一人が、掃除することを意識することと、お互いが役割分担で生理整頓、掃除をしながら清潔さを保っていくことしかないと思われます。

 
子供たちも自分の部屋は自分で掃除をして、荷物や衣服類は整理して片付けること。

 
まだ、幼い子供で有れば、親がしつけの意味も含めて掃除する方法や習慣を付けさせることが重要になってきます。

 
家族団らんで食事した後の食器の片付けの時でも、流し台までは自分の食器をもっていかせることも、掃除習慣付けも1つになるでしょう。

 
また、奥さまが掃除を中々されない性格であれば、ご主人も進んで部屋の中を掃除することを一緒に取り組むことです。

 
一度、ゴミや埃を取り除いて掃除機を使う時も、一人で行うだけでなく奥様と役割分担しながら行うこともいいことです。

 
自分がリビングに掃除機をかけたなら、心室は奥様にやらせるというのも役割分担の方法の1つです。

 
このようにして、掃除が出来る環境作りを実行し続けることが大事なのです。

 
もし、ご主人が掃除をやらない人であれば、奥さまが掃除の手伝いに巻き込むことです。

 
例えば、土日の休日の朝は共同で掃除をすることで、2人の自由時間を早く取ることができますので、楽しみながら一緒に行動するということがポイントになりそうです。

 
ここで悩むのが、共働きの家庭です。

 
ご主人も奥さまも働いているのですが、一切の家事は奥様中心。

 
子供も家のなかでは、自分の部屋は満足に掃除をしないし、手伝いもしない。

 
そんなことでは、主婦にばかり負担が掛かってしまい、倒れてしまいそうです。

 
このような時こそ、家族全員で役割分担をしながら、掃除や家中の整理整頓をする係を決めておくとよいでしょう。

 
平日の月・水・金の洗濯や食器の片付けは子供の係。

 
火・木・土はお父さんとお母さんの係。

 
日曜日は家族全員で行う。

 
そんな役割分担であれは、お互いの負荷が少なくて済むし、片付けに対する習慣も自然と身に付いてくることでしょう。

 

 

 
一番、恥ずかしいことは、子供が成人して独立していった時です。

 
いい年齢の大人が満足に自分の部屋を掃除出来ない、整理出来ないは情けないことです。

 
掃除をキチンと出来るということは、単純なことかもしれませんが、その人の性格として他人からは見られる子どもあるのです。

 
掃除が満足に出来ない人は、時間や約束においてもルーズで人として信頼出来ない人と評価されてしまうことさえあるのです。

 
したがって、掃除することの意義をよく理解しておくことも大事なことなのです。
スポンサーリンク