なぜか理由はよくわからないけど、妻が冷たくなった・・・

 

話しかけてもそっけないし、なにより家庭の雰囲気が悪い・・・という経験はどんな旦那さんにも一度は体験したことだと思います。

 

今回はそんな妻が冷たいと悩む方がその問題を解決するために出来ることを紹介していきたいと思います。

 

1.まずは今の状況を冷静に分析する

 

妻が冷たいと感じたときに一番最初に行わなくてはならないことは冷静になって過去をさかのぼって原因を考えてみることです。

 

その際にしてはいけないことは妻になぜ冷たいのかを直接聞くことです。

 

直接聞くことは大事なのですが、もし妻が怒っていて、あなたに非があった場合

 

「わかってないの?」

 

と思われ関係が悪化してしまう可能性があるからです。

 

ちょっとしたことでも女性は気にしてしまうものです。

 

トイレの便座を閉めていなかったり、電気をつけっぱなしにしていたりなどなど

 

思い当たる節があった場合

 

「もしかして○○のことで怒ってる?申し訳ないと思っている」

 

 

といえば、謝る姿勢があることは伝わるため冷たい妻もなぜあなたに対して冷たいのかを話してくれることでしょう。

 

もしかしたら、あなたが原因ではない可能性もありますので、もしその場合ははっきりと

 

「思ったことがあったら絶対に伝えてほしい」

 

といってください。そうすれば次からは冷たい嫁がだす気まずいオーラを回避できるかもしれません。

 

2.時間をかけて話し合う

 
スポンサーリンク



冷たい理由として、もしかしたらあなたに対する気持ちが冷めてしまった。という可能性もなきにしろあらずです。

 

それを解決するためには話し合いが大事です。

 

お互いがゆっくりできる夜の時間にでも話し合うべきです。

 

話の切り出し方としては

 

「最近つめたいって感じてるんだけどさ、俺に対して思っていることがあるなら今言ってほしい。」

 

といってください。

 

 

それでも相手にしてもらえない場合は

 

「話が聞きたい。このままの関係は嫌なんだ」

 

とはっきり伝えるべきでしょう。

 

そしてその話し合いの中でのあなたの対応なのですが

 

どんなにひどいことを言われても、苦しくても、妻の話を聞くことに徹してくだい。

 

相槌をうってしっかり相手の目を見て話を聞きましょう。

 

そして、相手の言い分が正しいと少しでも思ったのなら、妻にこうあってほしいという要望にこたえましょう。

 

夫婦といっても、少し前までは他人だった存在なのです。

 

考え方や行動などは兄弟でさえも違いますよね?

 

夫婦なんて違うことが多いに決まっています。

 

それをお互いに理解しあって、至らない部分を直し、寄り添って生きていくのが夫婦なのです。

 

もしあなたにも妻にこうあってほしいという考えがあった場合もしっかり話し合いの中で伝えましょう。

 

大事なことは妻のためにこあってほしいというあなたを演じるのではなく、夫婦が仲良くなるために必要なことと考えてください

 

3.ドライブに連れて行く

 

車の中ですと、夫婦が狭い空間にいるので自然と会話することが出来るでしょう。

 

冷たいんじゃないか?と問いただすのではなく

 

昔の自分たちの話や、デートに行った場所の思い出話などをして、妻の気持ちを少しでもほぐしてあげてください。

 

付き合っていたころによく聴いていた音楽を流すのもいいかもしれません。

 

とにかく、楽しかったころの思い出話をしてください。

 

そのままご飯を食べたり買い物に付き合ったりしていけば妻の機嫌は少しはよくなるはずです。

 

そうなったタイミングで

 

「最近元気ないけどどうしたの?こっちも見てて辛いんだ。話してみてくれる?」

 

とやさしく聞きましょう。

 

これなら仮にあなたに原因があったとしても強くは非難されないはずです。

 

そしてその内容を親身になって聞いてあげれば、あなたに心を開いて妻が冷たいと悩んでいたことを忘れるはずです。

 

 

まとめ

 

妻が冷たいと感じたときに大事なことは妻に言われるまで待つのではなく、自分から動くことです。

 

結婚をするときに「幸せにします」と約束している方は多いはずです。

 

今の冷たい妻をみて妻を幸せに出来ていると思いますか?

 

結婚直前の気持ちに戻って面倒くさいという気持ちを抑えて一歩踏み出してみましょう。

 

あなたが動くか動かないかで夫婦の今後がかかっているという可能性も十分にあります。

 

なぜあの時こうしてあげれなかったんだ?と後悔しても時間は戻ってくることはありません

 

幸せでお互いが楽しいと思える夫婦生活を送るためにお互い協力し合い頑張ってください。

 

以上です。

 

今回、色々な方法がある中で確実な3つのことを紹介しました。参考にしてみてください

 

 
スポンサーリンク