つきあっている彼氏が「転職したい」と言い出したら、おそらく多くの女性は不安を感じるにちがいありません。

 
このご時世、そう簡単に転職できるとも限りませんし、仕事を辞めてしまってから転職活動をする場合は、経済的なリスクも小さくないでしょう。

 
そうしたリスクをどうしても考えてしまいますから、彼氏から転職の意思を聞かされた女性は、それに反対しがちなのです。

頭ごなしに否定せず、賛成の姿勢でまずはじっくり話を聞きましょう

 
しかし、これは正しい対処法とは言えません。

 

彼氏は仕事の環境や将来など、いろいろなことに悩み、自分なりに考えた挙句、「転職」という選択肢を持つにいたったのでしょう。

 
ですから、頭ごなしに「反対」と否定してしまうのは、二人の関係に亀裂を生じさせることにつながってしまいかねません。

 

ケンカの要因になることが、十分ありえるわけですね。

 
そんなことにしないためには、「賛成の姿勢」を見せることが大前提です。

 

その上で、彼氏が抱えている仕事上の悩みについて、じっくり話を聞いてみましょう。

 
話を聞いて、適切なアドバイスができればそれに越したことはありません。

 

しかし、それができなくても、彼氏の悩みを共有することで

 

「二人で一緒に、この問題を乗り越えていく」

 

という姿勢を見せることはできます。

 
つまり、二人の間に強い連帯感が生まれるのです。彼氏が最終的にどんな選択を選択するにせよ、その連帯感があれば、二人の関係はいっそう深まることでしょう。

 

転職情報をいっしょに集めて、対策を練りましょう

 
スポンサーリンク




彼氏の話を聞き、その悩みに対して何か適切なアドバイスができて、その結果、彼氏が転職の意思を撤回し、現職に留まるということになれば、それでOK。

 
ですが、なかなかそうはいきません。

 

話を聞いて、話し合って、しかし結局彼氏が転職を選択するということになる方が多いと考えたほうがいいでしょう。

 
となれば、そこから転職を前提とした動きが開始されるわけです。

 

その際、最初に彼氏に釘を刺しておいた方がいいのは

 

「辞めてから転職活動を開始するのではなく、現職を続けながら、転職活動を開始すること」です。

 
仕事を辞めてしまうと、当然収入はなくなります。転職というのは「いつまでに必ず成功する」という保証のあるものではまったくありません。

 
なかなか転職先が見つからないということも十分想定されるでしょう。

 

その際、収入がない状態では、生活そのものが立ち行かなくなってしまいます。

 
そんなリスクを負わないためには、今の仕事を続けながら転職活動をするに限るのです。

 
ぜひその点をしっかり押さえ、彼氏と話をしてください。

 
その上で、いっしょにサイトなどで転職情報を集めましょう。

 
あなたが手伝えることは限られますが、「情報収集」に関しては、彼氏とほぼ同レベルで協力することができるはずです。

 
そうした二人三脚の転職活動が、二人の絆をいっそう強めてくれるに違いありません

 

彼氏の転職成功が二人の最大のテーマ 内助の功に徹しましょう

 

転職を決意した以上、その成功が彼氏にとってはもちろん、二人の関係上も最大のテーマ、最重要な目標になります。

 
転職活動について、前項のように二人三脚で臨むべきことは言うまでもありません。その際、あなたはあくまでも「内助の功」に徹する必要があります。

 
転職先の業界や業種、職種などについて、彼氏の希望に従って、必要な情報を集めるのがあなたの役割です。

 

ところが、彼氏の意思を無視して、「あなたにはこういう仕事が向いている」とか「そんな業界はダメ」というように、自分で決め付けてしまう女性が少なくありません。

 
こういうケースは多くの場合、彼氏の転職活動中に破局を迎えてしまうものです。

 
あくまでも転職するのは彼氏なのですから、あなたはぜひ「内助の功」に徹してください。

 
また、転職活動中は、彼氏は精神的に不安定になるものですし、そのことで頭がいっぱいで、あなたのことに気が回らなくなることもあるでしょう。

 
そんなときに、あなたが

 

「最近、やさしくない」

 

「会う回数が減ってる」

 

などという不満を口にするのは、NGです。

 

転職が成功すれば、彼氏の意識はあなたに戻ってくるものですし、会える機会は増えるに違いありません。

 
それまでは、会えない寂しさに耐えるのも、内助の功の一つなのです。
スポンサーリンク