彼氏がフリーターであるのには、様々な理由があるのかもしれません。

 
そこで考えられることは「就職したくない」。

 
就職したくないと言ったら、ちょっと聞こえが悪いですが、

 
要するに「就職したくない=やりたい仕事がない」ということです。

 
人は皆、子供から成人になり、学校を卒業する時期になると、

 
生活するためにお金を稼がなくてはいけないと思う。

 
これは、全ての人に共通していることではないでしょうか。

 
それなのに、なぜ就職しないのか?

 
正直こう思ってしまうこともありますよね・・。

 
特に男性とは、一生お仕事をすることが当たり前という時代です。

 
いずれ結婚して家庭を支えるとなるとおのずと安定した収入がないと困るわけですから、

 

正社員として就職ほしいと思うことは、女性にとって当然の感情です。

 
しかし、男性にとっては、とても複雑な思いがあるのかもしれません。

男性でも様々なタイプの方がいますよね。

 

彼氏がフリーターである理由その1「就職したくない」

とにかく将来のこと考えて、

 
新卒で入社できる会社に入ることができたら、それは幸運です。

 
正社員として、ある会社でお仕事をしていく中でもし、自分のやりたい仕事が見つかった場合は、そちらの方向にスイッチングできる可能性も希望も出てくるからです。

 
しかし、人間はみんなが器用に人生を送れるわけではありません・・。

 
「男にとって仕事とは一生の問題!」

 
こんな悩みを抱えてしまい、なかなか就職に踏み込めないタイプの方はきっと悩むことに疲れてしまい、しばらくフリーターを続けることになるかもしれません。

 

どちらか正解ということもなく、どちらも正解かもしれませんが彼女側からみると、とりあえず就職してくれる彼氏の方が断然安心できるということは、紛れもない事実ではあります。

 

彼氏がフリーターである理由その2「就職したくても叶わない現実」

 

スポンサーリンク



特にこれといった夢も理想もないけれど、とりあえず就職はしたい!

 
こう思っている男性も、この世の中には数多くいらっしゃると思います。

 
そして、就職活動を始めます。

 

しかし、ピークは過ぎたと言っても、世の中が「就職氷河期」から打破したとも思えませんし、この

 

「就職氷河期」

 

が再到来する可能性も指摘されている現代。

 
欲を出していなくてもなかなか採用までたどり着けないケースも多いかもしれません。

 
特に、新卒での就職ができなかった方には

 
「どうして就職できなかったのか?」

 

「今日まで何をしてきたのか?」

 

など、フリーターとして生きてきたことを、あたかも責められているようなそんな質問が、面接官から次々と浴びせられるかもしれません。

 
相手も自分の会社を背負う人材探しです。

 
手厳しいことも追及される場合もあるかと思います。

 
フリーターをされている男性はとてもデリケートな方も多いかと思いますので面接官の言葉、内定できない現状に、傷ついては自身を失くして、ちょっと現実逃避に走ってしまう場合もあるかもしれませんね。

 
それが、彼女にとっては、何もせず呑気に生活しているように映る・・。

 
こんなせつなくて、お互いを分かり合えない時期も、お付き合いしていく中では、きっと経験されることもあるかと思います。

 
どちらとも悪くはないのですけどね・・。

許す心も持つべき

 

一昔前は、誰もが学校を卒業して、就職して、結婚する・・。

 
これがあたり前の時代でした。

 
しかし、今の時代はそうとは限りません。

 
男性には男性の、女性には女性の悩みがあるものです。

 
一般的に、男性とは何かを指図されたりしつこく言われたりすることをとても嫌う性分だと思います。

 
フリーターである彼氏を目の前に、女性の不安が日に日に大きくなる。

 
ずっと我慢していたけど、ついに限界に達して激しく追及してしまった・・。

 
これは別に不思議でも特別でもないことですし、そのお気持ちは痛いほど良くわかります。

 
しかし、自分の気持ちが溢れそうになった時に、一旦落ち着いて、彼氏の気持ちを探ってみてはどうでしょうか。

 
「彼氏も仕事をしたいかもしれない」「実は悩んでいるのかもしれない」と。

 
そして、男性だから女性だからと言った壁を取り払って、お仕事をされている女性は共に生活するために、働くことへの未来を話してあげてはいかがでしょうか?

 
また、お仕事をされていない女性は、彼女はアルバイトでも良いので、彼のためにお仕事を探してみるのはいかがですか?
きっと就職探しをする気持ちが、もっと理解できるようになるかもしれません。

 
そうすると、「大変だよね・・」「なかなか難しよね・・」といった、

 
「同士」のような感情が生まれてくるものかもしれません。

 
とにかく、この問題は、ご本人にとってはとても大変なことです。

 
しっかりと彼氏をサポートし、お互い幸せな生活が出来るように頑張りましょう

スポンサーリンク