彼氏が優しすぎて辛いというのは人から見たら贅沢な悩みだと思われがちですが、本人としてはやはり辛いことです。

 

今回はそんな優しすぎる彼氏が原因で辛いと感じている方に試してもらいたいことを3つご紹介します。

 

1.ちゃんと彼氏に伝える

そういうときの対処法としていくつか挙げられるのですが、その1つ目は正直に言うことです。

 
正直に言えるなら苦労しないという人もいるでしょう。

 
ですが、そこはちゃんと伝えなければならないのです。

 
伝えないと相手が分かってくれないという場合だって十分にありますし、いいかげん時間が経ってから言うと、どうしてもっと早く言ってくれなかったのかと言われてしまうことだってありえます。

 
そうなると、関係が微妙になってしまうカップルだっているかもしれません。

 
それなら、早ければ早いだけ良いのではないでしょうか。

 
優しすぎて不安と正直に伝えれば、彼のほうもきっと分かってくれますし、思うことがあるならしっかり伝えてくれると思います。

 
それを聞いて納得出来るならそれで良いと思いますし、どうしても納得できないなら2人で腹を割って話し合ってみてはいかがでしょうか。

 
そういう時間も時には必要ですし、こういうことを行うからこそ相手のことがよく分かるというものです。

 
不安をそのままにしておくというのは、お互いによくありません。

 
まずは自分の思いを伝えましょう。

 

2.優しさをそのまま返してみる

スポンサーリンク



彼氏が優しすぎるのが辛いなら、それを彼に返してみるというのはいかがでしょうか?

 
彼氏にされたことを、自分もそのまま彼氏にやってみるのです。

 
そのままやるのが難しいなら、それと近いことをやってもてください。

 
そうすることで、気づくこともあるのではないでしょうか。

 
やってみた上でこれでいいかもと思うこともあるかもしれませんし、これはちょっと大げさかなと感じることもあるかもしれません。

 
優しさをそのまま受け入れるのも大変かもしれませんが、彼が何を思ってそういう行動をとっているか、自分が理解しようとすることも大事だと思います。

 
その優しさが辛いと否定してしまうのではなく、受け入れること前提で理解してみてはいかがでしょうか。

 
優しすぎて本人は辛いのかもしれませんが、彼氏から暴力を受けている人もいる以上、自分にたくさんの優しさをくれる人というのは、とても貴重だと思います。

 
もちろんやりすぎな人もいますから、まずは理解をすることからです。

 
理解すればきっと何か変わってきますし、自分も彼氏に今よりもずっと優しくなれるかもしれません。

 
それに、優しくなくなるというのはもっと辛いことだと思います。

 
まずは同じことをすることで理解することに努めましょう。

 

3.優しさの種類を知る

 

3つ目は、優しさの種類を知ることです。

 
優しさというのは人によって違います。

 
自分にだけ優しいのかもしれませんし、基本的に人によって優しいのかもしれません。

 
それは人によって全く違うので何とも言えませんが、自分にだけ優しくし人に厳しかったりおざなりにしているのであれば、それを注意することは必要だと思います。

 
それは人として良いこととは言えません。

 
他の人に対しての態度が普通というのなら、決して悪いことではありません。

 
ですが、他の人への態度が悪いというのはいけないことです。

 
そこはしっかり指摘してあげましょう。

 
逆に不安なのは、自分以外の女性にもとても優しいということだと思います。

 
ですが、そういう人はいます。

 
単純に女性が好きという人もいますし、単純に人間としてという人もいます。

 
後者の場合だったら指摘しにくいと思います。

 
何故かというと、間違ったことをしていないからです。

 
前者の場合だったらいくらでも文句の言いようがありますし、そういう男性が嫌なら別れることだって出来ます。

 
ですが、後者の場合は難しいのです。

 
自分にだけ優しくしてなんてとても言えません。

 
そういう場合は諦めるのもありですが、他の人に優しいと妬けてしまうと言ってみてはいかがでしょうか?

 
優しくなくなるということは無いと思いますが、改善はされると思います。

 
スポンサーリンク