彼氏がそっけなくなったときには必ず理由があるのです。

 

そんな時あなたはどのような行動に移しますか?今回はそんな悩みの改善策を3つご紹介します。

 

1.まずは彼氏の立場になって原因を考えてみよう

彼氏が、彼女に対しての愛情が冷めたときにそっけない態度を取ることもあります。

 

  • きっと愛がさめてしまった
  • 私の事が嫌いになってしまったんだ

など、諦めるのではなく、どうしてそうなったのかを考えることが大事になってきます。

 

 

そして、原因を考えることによって解決策も少しずつ見えてくるのです。

 

 

どれだけ好きな人でも、疲れているときや、仕事で何か嫌なことがあったときなど、そっとしておいて欲しいときなどにもそっけない態度をとってしまうことがあります。

 
自分自身がどんなときにそっけない態度をとってしまうか考えてみると、きっと彼も何か原因があることが分かります。

 

 

思い切って彼に「どうしたの?」なんてきいてみてもいいかもしれません。

 
何もいってくれない事もあると思いますが、そんなときにはこれ以上は何もきかないことをオススメします。

 
今は言いたくないということもあると思うので、一度聞いて何もいってくれないときには、「何かあったら言ってね」くらいに押さえておくようにします。

 

そして、時にはそっとしておくことも大事になってきます。

 
彼の立場になって考えてみることによっても、何か理由が見えてくることもあるかもしれません。

 

2.自分の行動を振り返ってみる

 

スポンサーリンク



付き合いが長くなっていくと、付き合い始めの関係からは変わっていくものです。

 
だんだんお互いのことを知っていき、お互いに身近な存在に感じるので、一緒にいて当たり前になってくるのです。

 

 

そんな関係に甘えて、優しさや礼儀を忘れてしまうことが出てきて、無意識のうちにお互いに不満を与えてしまうこともあるのです。

 

 

してもらったことに対して当たり前だと思っているとそれだけでも態度がそっけなくなってしまいます。

 
付き合いが長くなっても、いつまでも感謝の気持ちは大切にしていきたいですね。

 
彼がそっけない原因として、無意識に自分自身も彼に対してそっけない態度をとっているのかもしれません。

 

 

いつまでも異性として見られないと思うなら彼のことも異性として意識するようにしなければいけません。

 

 

時には感謝の気持ちを言葉にして彼に伝えるようにすることも大事になってきます。

 
日ごろ何気なくしてくれる小さな優しさもしっかりと言葉に出して感謝をすることによって彼にも伝わってきます。

 
それを顔に出していなくても彼の中にはしっかりと届いていることもあるのです。

 

 

感謝の気持ちを伝え、彼に対しての礼儀を忘れないようにするだけでも、彼のそっけない態度が少しずつかわっていくのではないでしょうか?

 

3.何をしても変わらない時には

 

夫婦間の問題だったら簡単にそうはいきませんが、恋人間の問題であれば、彼のそっけない態度に対し、どうやっても対処されなかったときには、思い切って別れを切り出すのもいい方法になるかもしれません。

 
別れることはすごく悲しいことです。

 
でも、その気持ちは時と共に忘れていくものです。

 
そっけない態度が直らない彼とこの先ずっと一緒にいる時間を考えれば、新しい出会いを探すほうが幸せに近づけるのです。

 

 

別れを切り出すのは、いろいろな改善策を試しても上手くいかなかった最終手段にとっておくようにしましょう。

 
改善の見込みがなければ、あきらめたほうがいいのです。

 

自然消滅にする人もいますが、連絡を取ることができる手段があるならしっかりと別れを告げるようにしましょう。

 
そうすることで踏ん切りがついて新しい恋へと進むことができるのです。

原因が彼女に対してではなく、他にあったとしても、そっけない態度が直らないのであれば彼女に対しても今は興味がないと言うことになるのです。

 
別れるといって、態度が一変してもきっとまた同じ事を繰り返すのでここは一度いったらきっぱりと別れることが大事になってくるのです。

 

 

別れを切り出す前に改善してくれることを願いたいですね。

スポンサーリンク