たまに彼女が自分のことをしつこく詮索をしてきたり余計なちょっかいを出してきたりなど、いわゆる「かまってちゃん」になってしまうときがありませんか?

 
女性にとって男性との恋愛は感情が必ず伴います。女性は感情を大切にしていますので、あなたとの時間をもっと大切に過ごしたいという気持ちがあるのでしょう。

 

恋愛のせいで仕事や私生活にも影響が出る場合があります。

 
対する男性は恋愛は仕事や私生活と分けて考えるタイプです。

 

いくら愛する彼女だからといって、趣味の時間まで奪われてしまうのは嫌ですよね。

 

1人になれる時間もちゃんと確保したいというあなたの気持ちは良くわかります。彼女とは気持ちの良い距離感を取りたいと思いますよね?

 

 

常に干渉してくるかまってちゃんになってしまった彼女と、上手にこれからも付き合う方法を伝授します。これで、あなたは今までのようにラブラブな関係を彼女と築きながらお付き合いをすることが出来ます。

 

まずはかまってちゃんの彼女の性質を知る事からはじめよう

 

スポンサーリンク



女性は男性の行動を常に監視したいわけではありません。

 

ただ、女性は彼氏の気持ちがちゃんと自分に向いているのかが不安になってしまっているのです。つまり、浮気防止ですね。

 
「オレのことを疑っているのかよ!」と怒ってはいけません。

 

彼女はあくまでも心配をしているだけで、あなたに愛されたいが故の行動なのです。

 

ここで先走って彼女を怒っても関係がこじれてしまうだけです。まずは女性の心理を知るべきです。

 

 

かまってちゃんの彼女は、あなたの愛をもっと感じたいあまりに干渉してくるのです。

 

それはある意味あなたからの愛情を感じていないという証拠でもあります。これを機会にもっと彼女のことを考えてみましょう。

 

 

あなたは最近デートでワンパターンの行動しかしていないということはありませんか?

 

たまには気分を変えて、いつもとは違うレストランやカフェで食事をしてみてはいかがでしょう?

 

女性は新鮮な環境を好みます。新しく出来た話題のお店に行ってみたいと思っています。

 

彼女が喜んでくれれば、あなたの自信も満たされることでしょう。

 

 

行動で愛情を示すことで彼女もあなたからの愛情を感じますので、かまってちゃんの症状を抑えることが出来ます。

 

かまってちゃんな彼女との連絡方法

 

愛情を行動で示せるようになったら、もう一歩です。

 
かまってちゃん彼女はラインやメールで返事をすることがとても早いですよね。

 

返事をするこちらが疲れてしまうほど、返事がとても早いです。これはあなたへの愛を示そうとしているのです。決してあなたを苦しめようとしているわけではありません。

 
連絡を一切寄越してこない彼女だったらどうですか?そちらの方が心配になってしまいますよね。まずは前向きに捉えてください。

 

 

そもそも女性はメールやラインを「コミュニケーションツールの1つ」と考えています。

 

男性のように「連絡手段に過ぎない」という考え方ではありません。彼女はそのコミュニケーションツールを精一杯使ってあなたと連絡を取ろうとしているのです。

 

 

かまってちゃんになってしまった彼女との連絡は、1日に2~3回は返事をしましょう。

 

彼女が不安になってしまうと、余計に行動がエスカレートしてしまいます。

 

でも、あまりペースを早く返事をするのは良くありません。

 

あなたのペースを彼女にわかってもらうようにしましょう。

 

あまりにしつこいときは、言葉を選んで彼女に説明してください。強い言葉を使わず、冷静になって伝えてください。

 

注意して欲しいのがこのとき、あなたが不快になっていることは伝えないでください。

 

確実に話がこじれてしまいます。

 
スポンサーリンク