初デート…緊張しますよね。

 

今回はそんな初デートが失敗に終わってしまわないように高校生の視点で失敗しがちな3つの初デートプランとおすすめのプランを紹介したいと思います。

 

実は危険?!初デートで映画は、そっけないデートになります

 

高校生が、初めてデートをするときに一番最初に考えるプランが映画ではないでしょうか?

 

お昼頃からの映画を見て、ランチを食べながらお話をする流れが主流です。

 

しかし、映画は嗜好に個人差があります。

 

男性と女性とではみたいジャンルが違うものです。

 

最初は、相手の嗜好に合わせても興味のない映画を2時間以上みることは苦痛です。

 

また、映画は観賞中は個人の世界に入り込んでしまうため、デート中でありながら、お互いの存在を全く意識しない時間になってしまうのです。

 

鑑賞後に、映画の感想を言い合えると思いがちですが、初デートで映画の感想をぶつけ合えるほど、まだ打ち解けあっていないはずです。

 
初デートで映画を選んでしまうと、意外と気まずい時間が流れてしまい、その後の約束が取りづらくなりがちです。

 

初デートは、映画やコンサートのような受動的なものではなく、お互いがお互いを知り合えるような話しやすい環境を作ることが大切なのです。

 

デートで水族館が人気なのは、見学しながらお互い会話ができ、相手を知る機会が持てるためです。

 

また、歩きながら話すことができるため、適度な距離感と安心感があります。高校生の初デートにも水族館や動物園はおすすめのプランです。

 

これも!?初デートで遊園地は、沈黙が辛くなります

 

スポンサーリンク



遊園地やテーマパークに行くと、必ず初々しい高校生カップルに出会います。

 

ですが、そのすべてに共通していることは居心地の悪さです。

 

遊園地やテーマパークにいる時間で、一番長くしていることは並ぶことです。

 

乗り物に乗るためには、並ばなければなりません。

 

同性同士で遊園地に行って並んでも、おしゃべりが止まらないため、時間が早く感じます。

 

しかし、初デートではそうはいきません。お互いが意識しすぎて、何を話したらいいのかわからないのに、列から出ることもできないのです。

 

しかも、周りには知らない人たちがあふれています。

 

周りからも、自分たちが初々しい高校生カップルであることは一目瞭然です。

 

何か話そうものなら、みんなが聞き耳をたてているような感覚になります。

 

そうすると、重たい沈黙の時間が流れ始めるのです。

 

遊園地の列で見かける高校生カップルは、沈黙と恥ずかしさに耐えて並んでいるようにしかみえません。

 

付き合い始めて、一緒にいることが自然になったとき、遊園地デートはおすすめです。

 
また、高校生デートで遊園地は経済的な心配もあります。

 

遊園地は、入園してからもお金を使う機会がたびたびあります。

 

そのたびに、男性がお金を出すべきかオロオロしていてはかわいそうです。

 

高校生デートは、割り勘が当たり前ですが、やはりお金を出す機会は少ないほうがスマートです。

 

初デートで、グループデートは自分の存在がアピールできません

 

高校生の初デートは、男女どちらもドキドキするものです。

 

そこで、よくあるのがグループデートです。

 

カップル同士が集まって、一緒にデートをします。

 

しかし、これは初デート以外でもおすすめできませんが、初デートでは絶対におすすめできません。

 

なぜなら、お互いが他の人を意識しすぎて相手を思いやる余裕がなくなってしまうのです。

 

しまいには、本当の気持ちとは裏腹の冷たい態度に出てしまう状態を招きます。

 

初デートは恥ずかしいものですが、他人の力を借りずに一対一でデートするほうがいいでしょう。

 
高校生の初デートは、お金をかけずに高校生らしいデートが一番いいのです。

 

デートの目的は、相手を知り相手の魅力を感じることです。

 

不器用でも、話すことで相手を知ることができるのです。

 

初デートで大切なことは、お互いが楽しく過ごして、また会いたいと思わせることです。

 

話が盛り上がらなくても、相手を知りたいと思えば、また会いたいと思います。

 

映画や遊園地は、大人が人を楽しませるために作り上げたものです。

 

初デートは、自分が相手を楽しませるためにプランを考えることから始まります。

 

例え思うようにいかなくても、相手を楽しませようと一生懸命に考えたデートプランであれば、その気持ちは相手に伝わるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク