彼女が喜んでくれる言葉をいうことができたならば恋人の関係はどんどん良い方向に向かうことが出来ます。

 

今回は簡単そうでなかなか難しい厳選した彼女が喜ぶ言葉を3つ紹介したいと思います

 

1.彼女にはあなただけが好きだという気持ちを伝えよう

 

 

男性は、彼女が喜ぶ言葉は風貌をほめることが一番と考えがちです。

 

しかし、女性が一番気になることは、彼が自分のことがどれだけ好きなのかなのです。

 

しかも、女性は一番よりもオンリーワンであることを望んでいるのです。

 

そのため、頻繁でなくてもタイミングよく「あなただけが好きだ」と伝えることで、彼女は安心感を得ることができ、喜びを感じるのです。

 
しかし、彼女を喜ばせたいあまり、会うたびに好きだと口に出していては、彼女のほうも言い慣れてしまい、軽い言葉と受け止められるようになってしまいます。

 

言葉は、言うタイミングがとても大切です。映画でも、名セリフはそのシーンに合っているからこそ、人の心に響くのです。

 

彼女へ喜ぶ言葉を伝えたいときは、言うタイミングをよく考えることです。

 

「あなただけが好きだ」というセリフが、心に響くタイミングは、ずばり彼女があなたに対して不安を感じているときです。

 

付き合いが長くなってくると、彼女の存在が当たり前になり、彼の言動や行動のそっけなさに女性は得体のしれない不安感に襲われるときがあります。

 

その時に、「俺は、お前だから好きなんだ」と言われたら、彼女にとって喜び以上に印象に残る言葉となるはずです。

 

彼女がどのような風貌に変化しても好きなことを伝えよう

 
スポンサーリンク



筆者が、今まで言われた言葉の中で一番うれしかった言葉は、当時お付き合いしていた彼に、「体重が100キロになっても気持ちは変わらない」と言われたことでした。

 

実際は、100キロになる前にお別れしてしまいましたが、当時は喜びで胸がいっぱいになりました。

 

そして、別れてしまった後でもこの言葉は筆者の心に印象深く残っています。

 

彼女が喜ぶ言葉を考えるとき、口だけではいけないと考えると心が重くなります。

 

100キロを超えても、好きでいられるかなんて実際になってみないとわからないことです。

 

しかし、言われた言葉はその時点での気持ちを正直に表現しているものです。女性は、男性にモテたいときはまず風貌にこだわります。

 

しかし、女性の風貌は永遠と続くものではありません。すべての女性は、自分の風貌に自信がありません。好きな彼氏の前に、スタイルのいい女性が現れたら自分の前から去るのではないかと心配しながら、日々過ごしているのです。

 

彼氏に「風貌がどんなに変わっても、関係ないよ」と言ってもらえたら、喜ばない女性はいません。

 

実際に、風貌が変わってしまったらどうなるかわからないけれど、彼の気持ちは風貌やスタイルではなく、自分の内面への好意であると感じることができる極上の言葉なのです。

 

現実の将来について考えていることを伝えよう

 

女性は、男性と付き合い始めると口に出さなくても結婚を意識しているものです。

 

ただ、男性に結婚に関係する話題を振ると、責任を強制的に感じさせているような気がするため、遠慮しているだけなのです。

 

一方で、男性は相当な結婚願望がある人でない限り、結婚話を自分から出すことはありません。

 

これは、結婚に対して重く考えているから、簡単に口にだせないと考えることもできます。

 

しかし、人間は言葉でないと伝わらないことが多いのです。

 

プロポーズまではいかなくても、将来的には、結婚までを視野に入れていることを言葉で伝えることは大切なことであり、彼女を喜ばせることなのです。

 

ただ、全く結婚を考えていない相手に結婚をちらつかせてはいけません。

 

最終的にとても彼女を傷つけることになります。本気で彼女のことが好きで、喜ばせたいと思うのならば、現時点で自分が考えられる将来的な計画や考えを言葉で伝えておくと、真剣に交際していることが相手にも伝わるのです。

 

具体的に、結婚という言葉を言う必要はありません。

 

「将来的には収入が必要になるだろうから、昇進しなきゃと思っている」でも、家族を持って養う意識が感じられます。

 

女性が喜びを感じる言葉は、安心できる言葉でもあるのです。

 

 

いかがでしたでしょうか?好意を伝えるにしてもタイミング、言葉というのは非常に大事になってきます。

 

是非今回の記事を参考にして彼女を喜ばせてあげてください!

スポンサーリンク