結婚したばかりのラブラブな夫婦ならば、妻の自慢をしたがる男性も少なくないかもしれません。

しかし、結婚生活が長い夫婦であっても、夫が自分の妻を自慢することだってあるのです。では、夫が自慢したがる妻の特徴とは一体どんなところなのでしょうか?

今回はそんな夫がついつい自慢したがる妻の特徴を8つまとめてみました。

夫が自慢したがるような妻になるためにもぜひ参考にしてみてください

1.料理が上手な妻は夫が自慢したくなる

毎日の食事は生きていく上で、最も大事なことです。妻の料理が上手いと、夫も早く家に帰りたくなるものです。特に仕事が忙しく、1人暮らしの長い男性だと、温かくて美味しい料理を作ってくれる妻が待っていてくれていると、この上なく幸せな気持ちになれるものです。

胃袋を掴む、とはよく言いますが、実際に料理が上手な妻は夫にとっても自慢の妻です。

毎日手の込んだ愛妻弁当を食べている男性を見ると、奥さんに愛されているんだなあと周りも感じるものですが、人目につくところで、あえて堂々と愛妻弁当を食べるのは、ある意味、料理上手な妻のお弁当を自慢していたりもするのです。

俺の妻は毎日美味しい料理を作ってくれるんだって、心の中では自慢しているのです。毎日コンビニで買ってきたり、外出している男性の妻に比べたら、毎日美味しい愛妻弁当を持たせてくれる料理上手な妻だと周りに自慢したくなるのです。

また、仕事帰りにいきなり会社の人が立ち寄る事になったとしても、家に人を呼んでホームパーティーなんかを開く場合でも、料理上手な妻は自慢の妻です。

急な来客でもササっと美味しい料理を作ってくれたり、ホームパーティーでは料理上手な妻が大活躍します。お料理が他人から褒められるのは、とても嬉しいことですし、夫としても鼻高々です。

美味しい料理を作る妻がいるならば、あえて外食する意味がありません。飲みに立ち寄るよりもさっさと美味しい料理を出してくれる妻の元に帰りたくなるわけですから、夫婦仲も円満になります。

スポンサーリンク



2.思いやりをいつまでも忘れない優しい妻は夫が自慢したくなる

夫婦生活が長くなると、どうしてもぶつかってしまう時もあります。いつまでもラブラブな新婚生活が続くと思ったら大間違いです。

 

ですが、いつまで経っても夫に対して、感謝の気持ちを忘れず、思いやりのある妻は夫にとっても自慢の妻です。

一緒にいる時間が増え、家族になってしまうと、相手に気を遣う事も少なくなります。それでも感謝の気持ちを忘れなければ、喧嘩してもお互いに反省をして謝ることが出来ます。

残業で遅くなり、先に寝てて欲しいと伝えても、おかえり、といって迎えてくれる妻だと、その何気ない優しさに癒されたりもするものです。

家事や育児が忙しいと、いつまでも待っていることは出来ないので、先に寝てしまう事もあるでしょうが、たまには笑顔で迎えてあげると、優しい妻として自慢をしたくなる夫もいます。

また、風邪や病気などで弱っている時によく看病してくれるような妻にも優しさを感じます。

1人暮らしをしていた男性が結婚して病気で寝込んでしまった時には、看病をしてくれる妻の優しさに触れ、結婚して良かったと改めて思ったりもするものです。

毎日、優しくする余裕がなくても、弱っている時に妻が優しくしてくれると、改めて妻の優しさに惚れ直してしまう事もあるのです。

体調を崩している時ほど、人は弱気になるものです。そんな不安な時を一緒に過ごし、支えてくれ、健気に看病してくれる妻を見ると、夫もそんな妻を自慢したくなるのです。

身体や健康の事を真剣に考えてくれる妻の存在は、夫にとって凄く逞しく、ありがたいものなのです。

3.いつまでも若々しく美しい妻は夫が自慢したくなる

生活をする以上、いつも完璧に美しくしているという事はなかなか難しいかもしれません。それでも、いつも美に拘り、美しさに手を抜かない妻は夫にとっても自慢の妻です。

やっぱり男性はなんだかんだいっても、美しい妻と一緒に歩いてるだけで、ウチの奥さん、綺麗でしょ!?って内心自慢しているものなのです。

家事や育児に追われて疲れ切っていると、だんだん女性を捨ててしまいます。

それでも、他の奥さん達に比べ、お洒落や美しさに気合を入れ、いつも綺麗にしている妻なら、一緒にいて恥ずかしくないどころか、鼻が高いのです。家事や育児を放棄してまで、美しくなろうとするのは少々やり過ぎですし、夫も困ります。

ですが、家事や育児もこなした上で、さらに美しさを兼ね備えていれば、当然自慢したくなるものです。

参観日には子供達からも綺麗なお母さんと言われたり、街を歩いていて知り合いに会えば綺麗な奥さんですね、なんて褒められたり、他人からも声をかけてもらえると、自慢したくなるのは当然です。見た目が綺麗なのは、他の奥さんと比較しやすい部分なので、他の奥さんと比べて、美しさを自慢したくなるのです。

スポンサーリンク



4.社交的で誰とでも仲良くなれる妻は夫が自慢したくなる

夫が家に同僚や友達を連れてくる事もあります。また、結婚式に夫婦で呼ばれたりする事もあるでしょう。そんな時に、夫の同僚や友達とも、すぐに仲良くなってくれる妻は夫にとってもありがたいものなのです。

妻を一緒に色々なところに連れ回しても、なかなか夫の友達や同僚と打ち解けようとせず、壁を作っていたら、夫も気を使います。誰とでも仲良く打ち解けてくれる妻だと、安心して人にも紹介出来るのです。

夫の両親とも仲良くなってくれれば、夫も嬉しいものです。社交的だったり、誰とでも仲良く打ち解けられる妻ならば、どこに出しても安心ですから、自慢したくなるのです。

5.家事や育児が完璧な妻は夫が自慢したくなる

家事や育児を満足に出来ない妻だと、仕事から帰ってきても家の中は大変です。家事は結婚前にやっていた女性もいると思うので、ある程度は、そつなくこなせる人も多いかもしれません。

 

しかし、子育ては初めての人のほうが多く、完璧にこなせる人ばかりとは限りません。それでも、どこからか学んできて、しっかり母親として完璧に家の事をこなしている妻は自慢したくなるものです。

最近では、共働きの家庭も沢山あります。専業主婦ならば、家事や育児にかける時間が多く裂けますが、共働きだと限られた時間内で、家事や育児をこなさなくてはなりません。

妻1人が請け負わなくてはならないわけでもありません。それでも、そつなく家事や育児を完璧にこなせる妻って凄いなと思う夫も少なくありません。見てる人は見ているし、感謝しているのです。

6.夫を立てて尽くしてくれる良妻は、夫が自慢したくなる

外ではちゃんと夫を立ててくれる妻は、夫に大事にされます。外でも常に妻のが上の立場で、文句を言われたりすると、夫の立場がありません。

あの家の旦那さんは妻の尻に敷かれていると、一目でわかってしまいます。ですが、外では威厳を発揮していたいのが男性であったりもします。空気を読んで夫を立ててくれるような妻ならば、夫も自慢したくなるものです。

また、尽くしてくれる妻というのも、夫にとっては自慢の妻になります。ただ、意見を言わずにおとなしく夫の言いなりになるというのではなく、夫を立て、夫に尽くせる妻は夫にとって嬉しい存在になのです。

結婚してからもずっと夫に尽くすというのは、なかなか出来なかったりもしますが、尽くしてくれる妻に愛情を感じる夫もいるのです。

7.飲み代にも寛容、お金の管理が上手な妻は自慢したくなる

結婚すると、お金の管理もきちんとしていかなければなりません。特に子供が出来たりすると、しっかり貯金して、時に節約も必要となります。財布の紐をしっかり握ってくれるのは有り難いことですが、常にギスギスして、1日500円までしか使えないとなると、夫は飲みに行く事すら出来なくなります。

 

ですが、家計をうまくやり繰りして、飲み代を捻出してくれたり、妻のパート代から助けてくれたりすると、夫もその分、妻に対して家事を手伝ったり、サポートするようになります。

基本的には妻がお金を管理出来る人ならば、お金の問題を全て任せられると大変頼りになるものです。ですが、夫の飲み代なんて無駄なんだからと言い、働いてきたお金が一切自由にならないと、少し悲しい気持ちになる時もあります。

そんな時に理解のある妻がそっと夫に飲み代を助けてくれたりすると、夫もそんな妻を自慢したくなるものです。

お金の問題は夫婦間において、大きな問題になりますが、他人から見て無駄と思えるようなお金の使い道でも、妻が理解してくれると夫も喜んでしまうものです。

8.夫の趣味や友達付き合いに寛容な妻は夫が自慢したくなる

結婚前にもありがちですが、男性は男友達やら趣味を優先する時もあります。そうすると、女性は自分を優先してくれない相手に対してイライラしたり、束縛してしまう事があるのです。

結婚してからも男性には少々自由なところがあり、友達とも遊びに行きたがったりするところがあります。また、ゴルフなどの趣味に打ち込んでしまう男性もいます。

そんな時に夫を自由にしてあげられる妻は、男性にとって非常に理解のある妻となります。自分の大切にしている人や物も、理解してくれる女性を大切にしようと考える男性は少なくありません。

そんな理解のある妻を自慢したがる夫は多いものです。
ただ勝手にすればいい、という態度ではなく、理解して送り出してくれると、とても安心出来るのです。

まとめ

結婚生活が長くなってくると、お互いに自分の意見を主張し、ぶつかる事も多々あります。

しかし、良き妻は夫への感謝を忘れる事なく、いつも笑顔で優しく美しく、温かい料理を作って待っているのかもしれません。そんな関係が一生続く事など、なかなかありえませんが、それでもご縁があって結婚したのですから、何かしら1つでも妻の自慢できる部分を見つけてくれると嬉しいですよね。

これからまだまだ先は長いかもしれませんが、たまには新婚当時の気持ちを思い出してみると、夫も妻の良いところを見つ出し、友達にも自慢してくれるかもしれません。

スポンサーリンク